Menu
旅行と日常 日常 ハイヤーとしての守秘義務

ハイヤーとしての守秘義務

ハイヤーの仕事は、管理職にある人たちや、著名人を乗せたりする機会が普通の人たちよりもはるかにあります。それで自動車内では、どうしても秘密の内容を聞くようなことがあったり、あれこれと想像したくなるようなことを話していることがあります。そのような場合に、それに対してコメントをするようなことはしませんし、それを他の人に言いふらすようなこともしません。守秘義務というものがあり、その点では口チャックはしっかりと閉めておかなければなりません。それができないと信頼されなくなり、やがてそのハイヤーの会社に仕事が回ってこなくなるかもしれません。なにかの特別な内容が聞こえてきたとしても、知らんぷりをするのであり、まるで聞いていなかったように、黙々とドライバーとして運転に集中するようにします。ハイヤーの仕事は、そうした点では注意を要するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です