Menu
旅行と日常 日常 タクシードライバーの平均年齢から見る

タクシードライバーの平均年齢から見る

年齢層の高いイメージのあるタクシードライバーですが、最近は少しずつ若い人の雇用も増えてきているようです。
しかしながら、タクシードライバーの平均年齢を調べてみると57.6歳ということがわかります。
年齢からみると勤続年数が長いベテランのドライバーなのかなという印象も持ちますが、実は平均的な勤続年数は8.8年というデータがあるので、多くのドライバーは40代後半50代に突入してから転職したと考えることができるでしょう。
タクシードライバーは二種免許が必要になりますが、普通免許を取得し、普段から運転をしている人であれば、スムーズに二種免許を取得することができるでしょう。
この免許の取得しやすさも転職を後押ししている理由なのかもしれません。
また、やはり一番の魅力は稼げるというイメージがあることではないでしょうか。
実際に未経験であっても平均年収400万程度を稼ぐことができるとされています。
こういった魅力があるため、年齢を重ねた後でも転職しやすいという理由があるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です